革の手入れ方法

革の手入れ方法には色々ありますが、基本は以下になります。

1)栄養分の補給

 

  革用クリームには油分が多く含まれます。
  使用することによって失われていく油分を
  補給する目的です。
  与えすぎると、革がふにゃふにゃになるので
  注意しましょう。

 

 2)艶出し

 

  こちらは蝋分が働きます。
  蝋が革の表面をコーティングして、
  艶を出します。
  つけすぎると、革が呼吸できなくなるので
  注意しましょう。

 

缶に入ったカチカチのクリームは蝋が多めで、
瓶などに入った柔らかいやつは油分が多めです。

 

チューブに入った靴クリームは、革に悪影響を与える
成分がたくさん入っているので、やめた方が良いでしょう。

コロニルのアニリンクリームを購入しました。

アニリンカーフ等のデリケートは革専用のクリームが欲しくて
探していたのですが、ちょうど行きつけのお店に
アニリンクリームという商品があって衝動買いしてしましました。

 

すでにデリケートクリームは持っているのですが、
艶があまり出ないので、モウブレイのアニリンカーフクリームのように
油分よりも蝋分が多くてシミになりにくい物探していました。

 

そこで見つけたのがコロニルのアニリンクリーム

 

瓶の蓋を取って中身を確認。
なんとデリケートクリームとそっくりです。
蝋分が配合されていない所も同じです。

 

これからは両方使い分け行きたいと思います。

 

あと、艶出し用にアニリンカーフクリームも買わなきゃ。

ホーム RSS購読 サイトマップ