キプリスとO脚矯正インソールを語ろう

スーツスタイル

スーツスタイルの要になるのは、靴、ネクタイ、鞄、、時計、革小物です。

 

靴は一番大事です。

 

ホテルマンは靴を見るとよく言いますが、靴が締まらないと、スーツスタイルも締まりません。

 

特に日本では靴が大事にされていません。

 

ネクタイは光る布(絹)している為、スーツスタイルに華やかさを与えることが出来ます。

 

鞄は革製がよいです。ナイロン製は丈夫で良いですが、野暮になります。

 

時計はピンからキリまでありますので、懐具合に合わせてどうぞ。

 

革小物は色を統一した方がよいです。

 

おすすめの革小物の使用レビューサイトを紹介します

 

スーツスタイルはトータルバランスが大事です。

 

一つだけ良くても、”頑張ったね〜”でお終いです。

 

金額、色合いは揃えるようにしてください。

日本人と靴

特に日本人は靴の扱いがひどいです。

 

文化的に靴の脱ぎ履きが多いので、
仕方がない部分もありますが、
やはり、紐靴の紐の意味を考えるべきです。

 

普段の会社勤めとかは多めに見ても、
お客さんに会うとわかっているとき、
ちょっとした催し物があるとき、
レストランなどで食事するときは
靴に気を使いたいものです。

 

まず、スーツにローファーやローファー的な靴、
(いわゆる餃子靴)はダメです。

 

ストレートチップかプレーントウがよいです。

 

若い人に見られる、魔女のように先が尖った靴も
ダメです。

 

日本という文化の中なので、普段は仕方ありません。

 

ですが、ここぞという時には、
ルールに従った靴を履きましょう。

 

素材はカーフが一番ですが、雨の多い日本では
カーフの扱いは難しいので、
丈夫なキップや防水加工した靴も予備として持っておくと
便利です。

 

同じ理由で靴底も、革とゴムの二種類あると
重宝します。

 

普段履き、雨の日用、ここぞの時用、
計3足あると、長持ちするし、
いざという時に恥ずかしい思いをすることは
ありません。

日本人のへんなスーツ姿

本ページでは、
日本人の変なスーツ姿にについて記載します。

 

1)スーツ
まずはスーツです。
サイジングが滅茶苦茶です。
オーバーサイズの場合が多いですが、
タイトサイズが流行すると、
極端にタイトなスーツを着る人が現れます。
また、よく見かけますが、ジャケットの丈が短く、
お尻が見えるのはNGです。
ヨーロッパではゲイと間違われます。

 

色ですが、ネイビーとグレーが基本です。
最近は見かけなくなりましたが、
黄緑とか紫はダメです。
ありえません。

 

2)靴
スーツに合わせる靴は紐靴です。
紐靴は脱ぎ履き時、紐を解きます。
当たり前のことですが、
出来ていない日本人が大半です。
文化の違いもありますが、
西洋の服や靴を取り入れるのなら、
その国のルールを守りましょう。

 

3)鞄
カバンは革製のブリーフケースが一般的です。
雨の多い日本では、ナイロン製も仕方がないと思います。
ただしリュックサックはダメです。
あなたはどこへ行くのですか。
海ですか、山ですか・・・。

 

4)小物
財布、ベルト、名刺入れ等の小物類は
革製品で統一したいです。
カバンと違い、雨の影響は受けづらいので、
ナイロン製は止めましょう。

 

5)靴下
これは耳が痛いところです。
ヨーロッパではスーツスタイル時に、
すねを見せるのはNGです。
ホーズという膝までくる靴下を履いて、
見せないのがエチケットです。
日本では買いたくても売っていません。
専門店か通販での購入になります。
本件に関しては、私もソックスで済ませています。

 

それでは皆様も国際人になるべく、
頑張って下さい。

革製品を身に着ける場合ダイエットしよう

高級な革製品を身に付ける場合、スタイルも大事です。
イギリスの紳士はスーツに体型を合わせると言います。
日本人もそのくらいの気概を持って欲しいものです。
今ダイエットサプリとして注目されているのはすっぽんサプリです。
人気のすっぽんサプリの比較サイトを紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ